千休

千休「休日の朝から癒される”茶業会(さぎょうかい)”」イベントレポート(2019.7.21)

お茶を習っていた経験がある方もいれば、初めての方も。

なんと、名古屋からわざわざ夜行バスで来てくださった方もいらっしゃいました。

初めて体験する方は、茶筅(ちゃせん)で泡立てる動きが少しむずかしかったようです。

久保田からのアドバイスは、手首のスナップをきかせてIの字を書くように点てること。

最初は慣れない様子の方も、やってみるうちに上手に泡立てることができるようになりました。

抹茶のおもてなしが終わったら、千休の試飲体験!

お抹茶を頂いた後は、千休の試飲体験も!

千休とは…

「日常に抹茶を取り入れることで感謝の時間をつくりだす」をコンセプトにした、抹茶のブランドです。お湯やミルクに溶かすだけで簡単に本格的な美味しい抹茶ラテが飲める、抹茶の粉3種類を販売しています。「千休=センキュー(ありがとう)」の意味を込めて、飲んだ瞬間にほっと心が落ち着き、自分にも相手にも感謝の気持ちが湧くような商品を手がけています。

今回皆さまに体験いただいたのは、夏にぴったりな「千休ソーダ」。

普通はお湯やミルクに溶かして飲みますが、今日は炭酸で割る新しい飲み方をご紹介しました。

参加者の方々からは、「すっきりして飲みやすい」「意外な美味しさ」と嬉しい感想を頂きました。

千休ソーダは暑い夏にぴったりのドリンクなので、おすすめです!

千休のイベント「茶業会」のテーマは”癒し”

今回のイベントのテーマは「癒し」。

お抹茶には作法があり、なんだかむずかしそうと思われる方も多いかもしれません。

確かに覚えることはたくさんありますが、1つ1つの動きの意味を知ると、理解しやすいのです。

例えば、作法の1つに、お抹茶を頂く前にはお茶碗を2回まわすというものがあります。

ただまわしているわけではなく、お茶碗の模様を自分で見て、そして一緒にいる方々に見せて、目でもきちんと味わってから頂くという意味があるのです。

作法を学びながらお抹茶を点てていると、無心になれて癒されます。

参加者の皆さまからも、「なんだか落ち着く」「普段よりも時間がゆっくり流れていると感じた」という声を頂きました。

本格的なお茶会に参加すると、主催者の方がテーマを決めたり、お茶碗・お花・掛け軸を選んで提供して下さいます。

空間を味わうこと自体も楽しいですし、なぜ主催者はこのお茶碗を選んだのか?など連想することで、自分のおもてなし力も上がる気がしています。

今回の参加者の方々も、PCでお仕事をする方、読書をする方、カフェの美味しいカレーを食べる方…などなど。

休日の朝をそれぞれ有意義に過ごせたのではないでしょうか。

千休のイベントでは、今後も休日の朝から癒されるような、気軽にお抹茶を体験できる機会をご提供していく予定です!

抹茶が好きな方、お抹茶を点ててみたい方、千休ラテが好きな方…少しでもご興味がある方は、ぜひご参加をお待ちしております。

皆さまに、千休(センキュー)の思いを込めて。

抹茶の成分・効能について 詳しくはこちらの記事でもご紹介しています!
抹茶は栄養満点すぎる!?成分から効能まで嬉しい6つの秘密

茶業会に参加してくださった皆様の声

「お抹茶を点てるのは初めてで少し緊張していましたが、作法の意味から分かりやすく教えていただけて安心しました」

「いつも抹茶ラテを飲んでいましたが、今回本格的な抹茶を味わえてよかったです」

「普段お家に来たお客様にはコーヒーや紅茶を出していますが、これからは抹茶もお出し
してみたいなと思います」

 

今回利用させていただいたカフェはこちら

famfam抹茶

Spice & Cafe FamFam
〒150-0034 東京都渋谷区代官山町9-10 sodaccoビル 2T01
営業時間 平日・土 11~23 日11~19 定休日なし
TEL 03-6416-1851
WEB SITE https://fam2.jp/

この記事を書いた人

Caori(腹ぺこマーケター 朝から抹茶派)

抹茶ラテ、チョコレート、アイスクリームなど日々抹茶を好んで食べていたにも関わらず、抹茶好きの自覚ゼロ。千休の抹茶ラテ「Ohayo」に出会い、抹茶そのものの美味しさに感動することで、自分がどれだけ抹茶好きか気づく。自分のような無意識の抹茶好きにも抹茶の魅力を届けるべく、2019年抹茶ライターに。