fbpx

千休

Interview Vol1.「抹茶に対するイメージが変わりました」抹茶嫌いだった男性が語る千休への想い

2020.05.28 インタビュー
千休抹茶ラテ

子どもの頃には嫌いだった食べ物が、大人になると好きになっていた経験はありませんか?

刺身が苦手だったけど食べれるようになったり、お酒が美味しいと思うようになったり。

何かを好きになるきっかけは人それぞれですが、美味しさに気づけた瞬間は格別な嬉しさがあります。

今回は、抹茶が嫌いだと思っていたけれど、千休の抹茶を飲んで今では毎日の生活に取り入れるほど好きになったという、ぽるぽる@porpor35)さんにお話を聞いてきました。

プロフィール

千休インタビューイー

ぽるぽる(@porpor35

英語で困る人を救うことが使命。英語学習関連の情報発信!/講師(東京海洋大学・市進予備校・天狼院書店)/『戦略特急』『毎日の英単語』の著者/東京外国語大学ポルトガル語ポルトガル国旗専攻(ぽるぽるの由来)/国内独学・留学なしでTOEIC 990点満点・英検1級→人の成長に喜びを感じる/メモ魔/コーヒーと甘いものが大好物。

千休の抹茶を飲んだきっかけは、代表のライブ配信

——元々の抹茶に対するイメージを教えてもらえますか?

抹茶は、正直嫌いでした。と言うよりも、食わず嫌いですね。抹茶に対して「お茶の濃い版で、苦い」くらいの認識しかなく、自分は嫌いだと思っていました。

——抹茶が嫌いだったんですね。抹茶以外の煎茶やほうじ茶などの日本茶は普段から飲まれますか?

もちろん普通のお茶は飲みますが、ペットボトルのお茶だったり、ティーバッグのお茶だったりですね。それほどこだわりを持って飲んではいないです。

——抹茶を全く飲まなかったぽるぽるさんが、なぜ千休の商品を買っていただけたのでしょうか?

初めての購入のきっかけは、ライブ配信で千休の商品をなまっちゃ(代表の久保田)さんが紹介をしていたことです。「本当においしいから」という言葉の熱量で、「これは飲まないと損をする」と思いました!

千休抹茶ラテ

——実際に飲んでみて、いかがでしたか?

初めて飲んだ時、正直、抹茶に対するイメージが変わりました。お茶の濃い版というよりは、新しい飲み物かのように感じました。

——嬉しいお言葉ありがとうございます!あの時は毎日のように抹茶の良さを熱弁していましたからね(笑)。購入していただいた後も、ぽるぽるさんのライブ配信中に飲んでいただけて嬉しかったです。

千休を飲んで、抹茶が身近な存在に

千休抹茶ラテ

——抹茶に対するイメージは、具体的にどのように変わりましたか?

千休の抹茶ラテを飲んだことで、「濃くて苦手なもの」から「美味しく味を楽しめるもの」に変わりました。そして千休は、抹茶を身近にしてくれた存在です。

——どのようなシーンで千休の商品を飲んでいますか?

朝の勉強中や仕事中がメインですかね。頭を使う時にシャキッとできる感じが好きです。

——抹茶にはカフェインが含まれているから、目覚ましがわりにもなりますよね。抹茶が苦手だったぽるぽるさんが、千休をきっかけに抹茶を飲むようになってくれて嬉しいです。

今では、抹茶への抵抗が無くなり、他のお店でも楽しむくらいになりました。

ですが、なんだかんだで千休の抹茶ラテが最高です(笑)!

——ありがとうございます!!

千休を飲んで、抹茶に対するイメージがプラスに変わったのは嬉しいですね。千休の抹茶は、抹茶の「苦さ」が苦手な人でも、気軽に飲める手軽さが魅力です。

新しい “好き” に気づく

今回インタビューさせていただいたぽるぽるさんのように、今まで嫌いだと思っていたものが好きになることは、生活の中でもそう簡単にあるものではありません。

ですが、新しい”好き”に気づくことは、自分の生活に新たな彩りをもたらしてくれます。

千休の抹茶は、今まで飲んできたような抹茶とは一味違う美味しさがあります。

自分の”好き”を再発見するためにも、千休の抹茶を飲んでみてはいかがでしょう?

千休の抹茶で日常にほっと一息つくような抹茶ライフを楽しんでもらえると嬉しいです。

ぽるぽるさん、オススメの商品

カプチーノがお気に入りです!

牛乳なしでお湯だけで飲める手軽さと、抹茶の味や香りを楽しめるのがいいなと。

ミーハーな意見ですが、おすすめですね!(笑)

 

抹茶カプチーノ

お湯を入れるだけで簡単に、ホッと一息つける抹茶カプチーノ。

ご購入はこちら

 

 

この記事を書いた人

RIN(空間デザイナー)

スイーツは絶対抹茶派。甘みと苦味のベストバランス。小さい頃から茶道の先生の祖母の影響で抹茶に親しんでおり茶室や縁側など日本精神を受け継いだ空間で嗜む抹茶が大好き。抹茶の魅力、日本の文化の魅力を届けます。