千休新商品発売記念「なまっちゃカフェ」イベントレポート

イベントレポート

2019年3月30~31日の2日間、千休の新商品発売記念イベント「なまっちゃカフェ」を、女性専用コワーキングスペースを運用しているismさんとコラボして行いました。

初めて、お客様に商品をお披露目ということで、その時の様子を書き綴っていこうとおもいます。

桜を感じる可愛らしい内装で、抹茶ラテを楽しむ

あいにくの雨で、気温が下がったイベント初日。お花見シーズンだったため、計画していた予定がキャンセルになったところも多いのではないでしょうか?

そんな人たちでも楽しめるように、「なまっちゃカフェ」では「お花見」をテーマにして、室内いっぱいに桜を散りばめました。

味覚だけでなく、視覚でも千休を楽しんでもらえるように。

わたしの「こういう風にしたい!」というイメージを、ismさんが抜群のセンスで会場内を装飾していただきました。

なまっちゃカフェ千休

 

その結果、多くの人が桜付きの千休の抹茶ラテの写真をアップしていただき、千休をもとにSNS上でも春を感じることができたのではないでしょうか?

抹茶の緑色と桜のピンクは、よく合いますね。

 

千利休の茶室のような雰囲気をイメージして

なまっちゃカフェ千休

なまっちゃカフェの裏テーマが『千利休が作り上げた茶室のような空間をつくる』ということでした。

これは見た目ではなく、茶室のように心落ち着けられる雰囲気を作るということです。

そのため、抹茶ラテを飲んで落ち着いてホッとできるような空間をつくるように心がけました。

 

マクドナルドでアルバイトしていたとき、先輩から「接客だけでなく、クルー(アルバイト)たちも楽しくやってなきゃスマイルは伝わらないよ。」と言われたんですよね。

なのでそれを思い出して、一緒にやっているスタッフが楽しく抹茶ラテを提供できるように、感謝の気持ちを忘れずにお客さんだけでなくスタッフにも接するようにしていました。(怖かったらごめんなさい…笑)

 

そして、今回のなまっちゃカフェは回転率をよくして利益を取るということが目的ではありません。

なので「ゆっくりしていっていいんだよ」ということを、抹茶ラテをお渡しする時に来てくれたお客様にしっかりお伝えました。

そうすることで「早く出なきゃ」って焦ることなく、ゆっくりすることができるようになります。

なまっちゃカフェ千休

土日の渋谷カフェ難民の人たちが作業しに来たり、友達とのお出かけの途中で来てくれたり…。

結果的ではありますが、「居心地がいいんだよー」と言ってカフェに2~3回来てくれる人もいました。

そして、1回の来店で3杯も頼んでくれる人も…笑

 

居心地がよかったという声をいただけたのは、本当に嬉しかったです。

予想を超える人がカフェにご来店

なまっちゃカフェ千休

抹茶ラテを仕入れるために、イベント前に「だいたいこれくらいの人数が来るだろうな」という予想を立てていました。

それが、両日合わせて80~90人くらい。

その予想をはるかに超える総勢120名以上のお客さんが来てくださり、多くの人が千休の抹茶ラテを飲んで帰ってくれました。

飲み比べセット 54セット
ohayo千休(20%) 43杯
itsumo千休(15%) 20杯
oyasumi千休(8%) 20杯

(2日間で、お渡しした千休抹茶ラテの数)

イベント主催者ならだれでも感じたことがある、「誰もこないんじゃないか…」っていう不安を1週間前くらいから感じていて…。

不安すぎて眠れない夜もあったんですが、こんなに多くの人が来てくださり、2日間終わった夜は帰った瞬間眠りにつくことができました笑

 

たくさんの千休の声にセンキューを言いたい

当日はたくさんの千休(センキュー・ありがとう)の声をいただきました。

一部ではありますが、その声を掲載させていただきます。

これからも「抹茶でセンキュー」を伝える機会を増やすために、様々な取り組みをして行きたいと思っています。

本当にセンキューでした!!

いい抹茶ライフを〜。

 

p.s.

実際に来てくれた人がブログやYoutubeにまとめてくださいました。

ぜひこちらもご覧ください。

「なまっちゃカフェ」の様子が記事・動画になりました!

「センキュー」を抹茶で伝える。

ちょっとしたありがとうである「センキュー」が、
毎日の忙しさで日常からこぼれてしまっていた経験はありませんか?

ほっと一息つける抹茶を大切な人に届けてみてください。
手にとって嬉しい千休を提供いたします。

商品の詳細はこちら

関連記事一覧